〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

理学療法士必見。臨床で今すぐ活用出来る徒手療法。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

 

どうもです。

今回は、臨床現場で今すぐ使える徒手療法をお伝えします。

 

理学療法士の徒手療法といえば、色々数多くあります。

その中でも、特に突出した手技を使うわけではなく、今すぐに1年目の理学療法士であっても使い始められる効果的な徒手療法をお伝えします。

 

 

前提条件として「触診力」

 

まず、前提条件として、触診力が必要になります。

これに関しては、どの治療手技でも共通して言えることだと思いますが、

 

やっぱり、、

回り回って大切だと思うのは「触診力」だということです。

 

触診している組織が、

腸腰筋だと思って触っていても、実は大腿筋膜張筋を触っていたなど、

 

 

自分の頭で思っていることが手元でも出来ることが大切

 

触診力が低いことで起きる欠点として、、

  1. 仮説が間違っている
  2. 触診部位が間違っている

 

上記の2つに関して、、

触診力があまりない状態であれば、「結局何が間違っているか分からない」状態になります。

 

臨床で活用出来る徒手療法

 

※詳細は動画で解説しています。

 

前提条件として、触診がある程度できるという条件があった上で、、

 

徒手療法を行い際にには、、

組織の間(癒着や滑走不全がある部位)の間に指を入れます。

 

筋肉を押圧するようなトリガーポイント療法も効果的なことが多いですが、今回紹介するのは、筋肉を直接圧迫するというよりは、筋肉と筋肉の境目など組織間に手を進入します。

 

この状態で、、

自動運動や他動運動を繰り返して行う。

 

これだけです。

 

組織間に指を入れて、自動運動や他動運動を繰り返して行うことで、滑走不全や癒着部位の改善を図りやすくないります。

 

まとめ

 

簡単にまとめると、、

組織の間に手を入れた状態で屈曲や伸展などの関節の動きを入れていくということです。

 

自分自身も臨床現場で実際にこの方法をよく使うことがありますが、

癒着や滑走不全も改善しやすく、痛みや関節可動域制限などが改善することを経験しています。

 

あなたの臨床の参考になれば嬉しいです。

 

ではでは♪(´ε` )

 

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2019 All Rights Reserved.