〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

理学療法士の就職先の選び方。施術力を高めるための職場とはどんな職場??

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも。薬師寺です。

 

今回は、、

理学療法士の施術力を高めるための職場選びの方法。

 

自分の実体験や経験を元に感じたことを伝えます。

職場選びの参考にしてもらえればと思います。

 

 

理学療法士について

 

理学療法士といっても、

色んな理学療法士がいていいと思いますし、みんながみんなゴイゴイに治療技術だけを極め続けたいと思わなくても自分の理想像は人それぞれあっていいと思っています。

 

こういう前提条件の上で、、

  1. 治療技術を高めたい
  2. 施術力を上げたい

 

コミュニケーション能力や移乗スキルなどを高めたいという願望は理学療法士になる時からほとんどなく、

その辺は最低限出来てたら別にいっか。

という感じでした。

 

治療技術はそっちのけで、書類業務ばかり力を入れてやってるセラピストもいたりしましたが、そういうセラピストも職場にいることで有難い面はありますが、

自分の理想はそこではなかったので書類業務も正直めんどくさかったし、最低限のことをしてたらいいかなと思っていました。

 

とにかく理学療法士として理想像とするのは、、

「目の前にいる患者さんの症状を徒手療法や運動療法によって良くして治したい。」

 

こんな気持ちが強かったです。

 

そして、、

今もそういう傾向が自分は強いなと自負してます。

 

リハビリテーションというよりは治療家という感じですかね。

 

理学療法士になってから、治療技術を高めたいという一点張りでした。

どういう環境に行けばいいかやどんな勉強をしたらいいかなどですね。

 

この様に、、

自分の様に職人気質というか、施術の技術を高めたいというセラピストも少なからず多いと思います。

 

そんな方には見て頂きたい記事。

特に若手セラピストや理学療法学生とかには必見です。

 

理学療法士2年目までは病院勤務

 

理学療法士になって初めて就職した職場は病院。

県内でも中堅規模の病院であって、整形外科疾患を中心とした病院でした。

 

急性期〜回復期の病院であったため、、

手術についても勉強出来たし、とてもいい経験が出来た2年間でした。

 

結局は途中から、外来整形がしたくなったため、クリニックに転職したわけですが、、

病院での経験は今でもとても活きています。

 

理学療法士3年目からは外来クリニック

 

2年目からは外来クリニックに転職しました。

 

当然外来クリニックなので、入院施設はなく、

患者さんが毎日来てくれるわけなのである程度動ける人が来院します。

 

病院からクリニックに転職したわけなので、、

病院とクリニックのそれぞれの特徴やそれぞれ見えてくる物があるわけです。

 

施術技術を高めたければ外来クリニック

 

結論からいうと、、

施術の技術を高めたければ、外来クリニックに行くべき。

 

理由として、、

病院時代も先輩から治療方法を教えて頂いたりする環境はありました。

とてもいい環境ではありましたが、病院という場所が治療技術を高めるという上ではあまり適してないのかなと感じています。

 

大きく病院とクリニックの違う点として、、

病院では毎日入院患者さんのリハビリを行うため、経過を追って診ていくことが出来ますが、毎日リハビリが出来ることが当たり前の状況になっています。

 

クリニックでは、毎日来院するということは難しいことがほとんどなので、

 

例えば週1回の来院頻度であると考えると、

それなりの変化を1回1回で出せたり患者さんに納得させる成果を出せないと継続して来院してもらえなくなります。

 

もちろん良くなったから来なくなったという人もいて、来なくなった理由を完全に確かめることはできない部分はありますが、自分の中で心当たりがあることもあるケースが多いものです。

 

つまり、、

病院では今日変化が出せないくても、明日があるけど、、

クリニックでは、今日結果が出せないと次に来てくれる可能性が下がるわけです。

1回1回で相手に治療に対して、納得してもらったり、満足してもらうこと。

これがクリニックでは求められます。

 

病院では、今日ダメでも明日やり直しが効くけど、

クリニックでは、今日ダメなら明日や次がある可能性が低くなる。

 

ということです。

 

自分の治療技術が分かる環境

 

治療技術といっても、、

患者さんに継続して来てもらえるためには、、

 

  1. 問診
  2. 理学療法評価
  3. 施術スキル
  4. 運動指導スキル
  5. 説明力
  6. 人間性
  7. 会話力

 

まあ全てが治療の技術になるわけなので、、

一概に、徒手療法と運動療法のみが技術になるものではありませんが、、

 

やっぱり、、

仮説検証を繰り返して臨床をやっても結果が治療の前後で変化が全く出ないこともあって、施術力が低いことが原因になっていると感じる場面も今まで多々ありました。

 

病院では、手術後であればリハビリの仕方によって違いはあったとしても、少なからず手術の術創部の治癒と共に日にち薬とも言われる様に良くなっていくケースも多くあると思います。

 

そのため、、

手術後などではない、手術をしていない症例や慢性的な疾患の症例などが理学療法士としての腕の見せ所。

 

そういった環境に飛び込んで、上手くいかない経験を経験するほど成長するのかなと思っています。

 

理学療法士の役割とは

 

理学療法士の役割について。

 

 

理学療法士にも、色んな人がいるのは当たり前の話で、、

  • コミュニケーションが上手い人
  • 説明力がある人
  • 優しい人
  • 聞き上手な人
  • 問診が上手い人
  • 情報の引き出しが上手い人 

 

色んな才能がある人と出会って来ました。

 

しかし、、

理学療法士として、臨床現場で患者さんを診ているのであれば、間違いなく言えることとして、理学療法士は接客業ではなく、身体のプロであるため、相手の身体を良くすることが第一優先です。

 

これは自分にも言い聞かせのつもりでメモとして残しておこうと、、

 

臨床で理学療法士をするのであれば、治療技術はやっぱりあった方がいいとかじゃなくてあるべきだと思う派なので、これからもまだまだ分からないことはありますが、コツコツやっていこうかなと。

 

 

まあ、、

こんな感じで殴り書きしてみました♪(´ε` )

 

 

ではでは♪(´ε` )

 

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2019 All Rights Reserved.