〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

薬師寺 偲のプロフィール

薬師寺偲の簡単な経歴

 

生まれは愛媛県宇和島市。

 

現在は、愛媛県松山市で理学療法士として活動中。

 

幼少期〜高校まで野球一筋。
高校野球では、在学中に甲子園にも出場。

 

野球人生の中でも肩や腰痛など多くの怪我によって、思うようにプレーできない時期も経験する。

その時期に、医療機関に受診することで、理学療法士という職業に出会う。

 

元々、身体関係の仕事をしたいという思いがあったため、高校卒業後、理学療法士の資格取得を志す。

 

理学療法士の免許を取得後、

松山市内の急性期〜回復期病院、痛み専門のクリニックで勤務し、スポーツトレーナーの活動も行いながら、整形外科疾患・スポーツ障害を中心として多くの一般の方〜プロアスリートまで幅広い方の施術を行いながら実績を積む。

 

そして、数年前から、愛媛県内を中心として同業者向けへの知識・技術系のセミナー講師、一般の方やスポーツ選手に向けた身体に関する運動指導やセミナー開催なども行なっている

 

「何となく面白そう」という理由で目指し始めた理学療法士。

多分カラダに関する仕事をやりたい思いがあったから高校時代に理学療法士という仕事に出会って、目指す事を志したんだと思っている。

 

おそらく、小学生の時から落ち着きがない性格だったため、1日中パソコンに向き合ってするデスクワークとかは自分には向いてなくて、自分のカラダと頭を使いながらする仕事の方が多分向いているんだろうなと感じてる。

 

こんな感じで、毎日楽しく理学療法士をしてます。

 

医療機関の現状について

 

医療機関での治療期間の期限切れや、医療機関に行っても湿布や電気を当てるだけ、その場しのぎの注射、リハビリテーションなどの時間も数十分であり、まともな治療をしてもらえないという声を多くの方に関わる中で聞いていました。

 

自分自身も医療機関で働いている中で、

  • しっかり原因を見つけるための施術時間の確保が難しい点
  • その場しのぎの治療内容になっている点
  • 本当に施術が必要な人に当てる時間が短い点
  • 保険診療では目的がそれぞれで対応しにくい点

 

これらのことから…

 

病院やクリニックには、本当に良くなりたいと思っている人もいれば、マッサージ感覚で来院している人も非常に多いのが事実です。

 

多くの方を診る中で、目的が人によって様々であり、本当に身体の悩みがある方に使える時間も限られており、

自分自身もそういった方の施術に多くの時間を費やして、お役に立ちたいと思っています。

 

身体の症状に対する根本的な原因を探す治療がされてないことに日々疑問を抱いており、

時間をかけて症状の原因を探した上での施術をする必要があるため、自費診療という形で施術も行わせて頂いています。

 

理学療法士の業界としての違和感

 

そして、理学療法士の業界としての違和感を感じることもあり…

 

  • セミナーに行って満足感を得る
  • 残業をするのが当たり前
  • 中身がない形だけの院内の勉強会
  • 全く勉強もしないセラピストと給料が一緒
  • 年功序列制度が当たり前
  • 業績を評価するのも単位数
  • 同業界での争い
  • どの人にも同じ治療
  • 出来レースの様なリハビリ
  • 外部活動もボランティアレベルでその場限り
  • 外の社会や時代の流れが分からない

 

この辺が学生時代や理学療法士1年目の時から違和感を感じていた。

 

プロ野球選手も、活躍しない選手より活躍した選手の方が待遇が良くなるのは当然です。

しかし、理学療法士の業界では死んだ目で働いているセラピストも自己成長しようと努力しているセラピストも給料が一緒。

 

まあこの辺もおかしなシステムだなって感じてました。

 

こんなモヤモヤした自分も数年前からSNSやブログなど自分のメディアを運営開始。

 

情報発信や正しい情報を拾うスキルを少しずつ身に付け始めてから、全国の理学療法士やトレーナー、他業種の方との繋がりも出来るし、病院や施設だけではまず得ることが出来ない価値観の違いなど学ぶことが出来ました。

 

現在は、一般の方やスポーツ選手にも自分のメディアを見て身体の勉強をして頂いていたり、直接連絡をくれる方もおられ、身体について悩んでいる方は思っている以上に多いなというのが正直な感想です。

 

理学療法士として働いている現在ですが…

病院や施設、クリニックなどで働くこと以外に外部で活動することで、理学療法士が世の中の役に立てる方法は山ほどあると自分の経験からも感じており、社会的に理学療法士の認知度も高まるし、人にも必要とされている。

 

こんなことを感じており、外部活動も行いながら理学療法士をしている現状です。

 

自分の役割について

 

全然まだまだ大したことない薬師寺ですが…

大したことない自分でも、自分が発信する情報によって救われてる人がいるのも事実だと実感してます。

 

自分が出来ることとして、「身体に関する正しい知識」をしっかり届けること。

 

知っているのに言わないのは良くないと思っているので、自分自身もしっかり勉強した上で正しい情報を届けて少しでも役に立ててもらえる情報を届けていけるように活動していきます。

 

理学療法士としても、病院や施設など1つの組織に縛られて働いている方にも理学療法士の可能性や必要とされていることを伝えていけるメディアにできるように運営していきます。

 

今後やりたいこと

 

 

やりたいことは…

  1. 病院に行かない文化
  2. 健康へのリテラシーを高める

 

膝関節痛もサプリメントを飲んだら治ると思っている。

注射を打って症状が治れば完治したと思っている。

足が痛くても毎日歩いた方がいいと思っている。

 

医療従事者が常識として当たり前に知っていることでも、一般の方は知らないことも沢山あります。

 

この正しい情報を知らないままでは、自分の身体を壊していくことになります。

 

こういうメディアでの発信を通して、健康や身体への関心を高めてもらえれば幸いです。

 

そして、身体が悪くなれば医療機関に行くという流れがあります。

ですが、本来は予防をすることが本質的なところです。

 

悪くなったものを良くするのは時間が掛かります。

遅ければ良くならないことも数多くあります。

 

このような状態にならないように自分の身体を自分で守り病院に行かないために予防していくことが必要なことだと感じているため、このメディアを通して知ってもらう機会になればと思います。

 

取得資格

 

  • 理学療法士(国家資格)
  • 高度専門士
  • PHIピラティスインストラクター
  • 福祉住環境コーディネーター2級
  • JPR協会 Basic、Advance、Masterコース修了
  • 体軸×リハビリテーションアカデミー レベル2修了

 

薬師寺偲のメディア

 

気軽にご申請下さい!!(できればメッセージ付きでお願いします。)

 

Facebook

 

Twitter

 

Instagram

 

カラダ専門家note

 

You Tube

 

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2017 All Rights Reserved.