〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

【一般向け】慢性痛を治したい人は見て下さい。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

痛みが慢性化しやすい人の特徴

 

  1. 薬漬け
  2. 注射漬け
  3. 湿布漬け

 

医療機関で働いているから分かりますが、現場を見ていたらほとんどがこのパターンです。

 

〇〇漬け。

この〇〇漬けの状態になると症状が慢性化してしまう。

慢性化している場合は余計に痛みが改善しにく状態になる。

その場で良くなっても痛みが戻ってくる。

 

結局は完全に負の連鎖になることがほとんどです。

 

薬でも注射でも湿布でも使うのをダメと言っている訳ではなく…

  1. 使い過ぎ
  2. 依存状態

 

このような依存的になる状態が非常に危険です。

 

痛みが慢性化しないためには

 

必要に応じて痛み止め、注射、湿布、電気などをすることも必要だと思います。

 

しかし、依存してしまうと…


痛みがある時点から死ぬまでの期間

  • 注射を週に1回毎週打ち続ける
  • 毎日湿布を貼り続ける
  • 病院に通って電気を当て続ける
  • 朝起きたら痛み止めを飲んで1日過ごす

 

 

こういう誤魔化しながら生活をし続けるのしんどくないですか?

 

結局は、注射も痛み止めも湿布も対処療法のため効果も一次的なものです。

やればやるほど依存してしまいます。

 

慢性痛を改善するための結論

 

結論を言います。

  • 薬漬け卒業しましょう
  • 湿布貼るのやめましょう
  • 注射やめましょう

 

とりあえず、今やっている治療が卒業できるように自分の頭で考えましょう。

そして、悩んだら医療従事者に相談しましょう。

 

もっと自分の身体に関心を持ちましょう。

関心がなさ過ぎる人が多過ぎですね…

最近の初診の患者さんですが、膝が全然伸びずに歩く時が痛いけど、毎日湿布貼って治そうと信じ込んでやってららしいです。

 

何度も口すっぱく言いますが…

  • 湿布や薬や注射はいつかはやめなければ治らない。
  • 長期的に使用することで余計に慢性化する。

 

このことを知っておいて下さい!!

 

今回は、慢性痛についての自分の考えを書かせてもらいました!!

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2018 All Rights Reserved.