〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

最高だったの一言。こんなセミナーを受講したかった!!【面白い×医療セミナー】に参加した感想。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

 

1月27日に東京でセミナーに参加してきました。

面白い✖︎医療セミナー!!

 

いや、普通の人からしたら、タイトルから意味分かんないですよね。笑

面白い×医療って関係ないですしねww

 

でも、このセミナー参加して結果的にめちゃくちゃ楽しめましたし、役に立ちました!!

 

セミナーのコンテンツを簡単に解説

 

今回、参加したこのセミナー。

理学療法士、作業療法士のセミナーとは全く関係ないです!!

 

骨の名前も、筋肉の名前も出てこないし、

そもそも講師をして頂いた方はデザイナーの稲沼峻さん

 

セミナーのコンテンツとして…

  1. 面白いアイディアの出し方
  2. アイディアの実行の仕方
  3. 固定概念の壊し方
  4. 仕事と表現活動
  5. アイディア→スタートまでの過程
  6. メディアが取り上げたくなる企画
  7. 自由とは??

 

などなど…

コンテンツも最高でした!!

 

コンテンツを見ても、理学療法士とは全く関係なさそうに見えますが、実際にセミナーを受けているとめちゃくちゃ関係のある話ばかりでした。

 

知識・技術というよりも、

セラピストとしての働き方を考え直せるセミナーだった気がします!!

 

セミナーのコンテンツの感想を書きたいと思います。

 

アイディアの出し方と実行力の付け方

 

理学療法士に限らず、アイディアってめちゃくちゃ大事ですよね!!

 

なんかアイディア出したいけど…

アイディアって考えれば考えるほど出てこない。笑

 

自分はまさにこのパターン。

アイディア出せって言われるけど、考えているけどマジで出ないときは全く出ないです。

 

多分、僕だけじゃなくて共通している人もいるんじゃないかな??

 

でも、アイディアの出し方のヒントを教えて頂きました!!

 

 

  1. 余白を作ること。
  2. 何もしないということを実行すること。

 

自分を含め、現代人は寝る時間以外は何かしらしています。

 

  1. 仕事をする
  2. 携帯をいじる
  3. テレビを見る
  4. 音楽を聴く
  5. 風呂に入る
  6. 食事をする
  7. 歯磨きをする
  8. 会話をする

 

絶対に何かしらの刺激が入り続けている状態。

このような状態ではアイディアは生まれにくい。

 

何の刺激も入れない状態。

何の刺激もない時間。

 

これを作る。実行する。

それがアイディアを生むコツ!!

 

これを続けていると、

何もしなかった時間が終わった後に、アイディアが降ってくる。ひらめきやすい状態になるそうです。

 

アイディアは生もうとすると生まれない!!

 

 

そして、アイディアを実行する。

実行力の付け方!!

 

アイディア思いつくけど、なかなか実行に移せない人。

 

 

そもそも、アイディアを出す段階では、全く価値がない。

やってから初めて価値が生まれる。

 

そして、実行力をつける方法は、

思いつく →    目的・ターゲット設定 →    スケジュール決め →    人に話しまくる →    スタート

 

そして、PDCAサイクルってありますが、

最初は、D → C → A → Pのスタイルが良いんだとか…

 

まずは、この順序!!

「そして、とりあえずやってみる」

 

極論、やるしかないですが。笑

 

簡単な方法として、

「リズムを強制的に作る。」

 

  • 無駄に人に話しかける
  • テンションを上げる
  • ジャンプする
  • 走る
  • 笑顔を作る
  • テンポの良い音楽を聴く

 

このような状況を作ると、人は自然にリズムに乗ることができる。

つまり、行動できる!!

 

多動力と一点突破

 

現在、理学療法士として働いていていますが、

理学療法士の養成校に入学するのは大半が18歳の高校卒業時。

 

そして、日本の風習として、1つの仕事を常に続けることが美徳とされる世の中。

 

1つのことを突き詰めることが一点突破。

 

でも、実際にこの一点突破。

実際に自分が向いているかも分からない。

 

一番良いのは、色んなことをやってみること。

出来るだけ多くのことにチャレンジすることが多動力。

 

多動力があるから初めて一点突破できる。

多動力があるから一点突破が本物になる!!

 

色んなことにチャレンジした中で最終的に見つけ出した、1番リズムに乗れたり、時間を忘れたりして取り組める1つだから、熱中してできる。

 

 

だから、

多動力 →    一点突破 →    多動力 →    一点突破

 

この繰り返し。

 

とりあえず一点突破やってみる。

ダメだったらまた多動力して1点突破できそうなものを探す!!

 

 

「好きなことを仕事にしよう。」とは言いますが、

好きは仮決定!!

1発で好きなことなんか見つけることができるはずがない。

バシッと決めるようなものでもない。

 

だから、現在は理学療法士という仕事ですが、その中でも多動力で色んなことにチャレンジしてみるともっと理学療法よりも好きと思えることや熱中できることと出会えるかもしれない!!

 

こんな考え方で、これから理学療法士をやっていきたいと思いましたし、

この仕事だけが全てじゃなくて、色んなことに挑戦しないとむしろ損だと思いました!!

 

そして、自分で言うのもなんですが、自分も含めてどんな人でもめちゃくちゃ限りない可能性があると感じました。

 

 

固定概念の壊し方

 

 

このような固定概念が自分の中で絶対に存在する。

自分の当たり前は当たり前ではない。

 

コンフォートゾーンを抜ける!!

 

この固定概念の話を聞いて思ったこと。

 

理学療法士として、理学療法士の仕事のイメージを作っているのは、

  1. 職場の理学療法士
  2. 養成校時代の教員
  3. 実習先で出会ったセラピスト

 

つまり、今、自分の頭の中にある理学療法士のイメージは、自分自身が今まで付き合ってきた人によって生まれたイメージであり、この常識も人によっては常識が違い色んな考えがありルールや当たり前なんか無いんだと感じた。

 

だから、色んな人に出会うことが大事だと思ったし、自分と全く違う意見を持った人の考えもしっかりと聞くべきだと思った。

 

表現活動(ブランディング作り)とは??

 

どの話も良い話でしたが、

自分の中では1番この「表現活動(ブランディング作り)」の話が響きましたね!!

 

仕事とはまた別の活動。

表現活動。

 

表現活動をする理由は、ブランディング作り!!

 

仕事で得たお金を表現活動(ブランディング)に使う。

お金は貯めない。自分のブランディング作りに使う。

 

マジで稲沼さんの説明分かりやす過ぎて感動した。

 

理学療法士は、めちゃくちゃいる。

その中で、差別化図るには人がしてないことや自分の武器などを見つけたり人から目立つ活動をすること。

そこにお金を使いブランディングしていく!!

仕事のために仕事をするのではなく、表現活動(ブランディング作り)にお金を入れるために仕事をしてお金を稼ぐ。

 

そして、ブランディングできてくると、

  • 人に注目してもらえる
  • メディアが企画を取り上げたくなる
  • 人より目立つ

 

結果的に、表現活動(ブランディングを作る活動)が仕事に繋がる!!

 

表現活動や面白い活動は、直接的にお金にはならないが注目を生む!!

 

自由とは??

 

自由とは??

「自分でルールを作ること」

 

正解なんかない。

正解なんか人の数だけある。

めちゃくちゃ深いですが良い話でした!!

 

そして、

「恐怖・ストレスはチャンスだと思う。」

 

 

恐怖やストレスを感じるのは、やったことがないから怖い。

逆を言えば、コンテンツを作るチャンス!!

 

自分から作るストレスは良いストレス。

 

まとめ

 

 

 

 

https://twitter.com/daigo0315/status/957464147645554689

 

 

 

https://twitter.com/ri_ka_4/status/957423568840609792

 

 

 

色んなことに気付けたセミナーでした!!

 

 

 

企画してくれた吉田さんに感謝。

セミナー講師して頂いた稲沼さんに感謝。

 

 

これからも人との繋がりを大切にしてチャレンジしていこう!!

 

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2018 All Rights Reserved.