〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

アナトミートレインの視点から考える筋膜アプローチ。ディープフロントライン(DFL)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

今回はアナトミートレインでいうカラダの前面の深層の筋膜ライン。

ディープフロントライン(DFL)について解説します。

ディープフロントライン(DFL)について

ディープフロントライン(DFL)は身体の前面の深層にある筋膜ラインです。

略してDFLと書きます。
ここから先はDFLで解説していきます。

引用:アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線

DFLの筋膜の連結

頸長筋

前縦靱帯

横隔膜

腸腰筋

内転筋

後脛骨筋

長母趾屈筋

DFLの特徴

DFLは人間の主要な筋膜ラインの1つです。

人間の主要な筋膜ラインはDFLとLLの2本と言われていますがそのうちの1本です。

このDFLはいわゆるインナーマッスルにあたり人間の日常での動作、スポーツ場面でもこのDFLが活動する必要があります。

しかし、現代人はLLを過剰に使用しやすくなる習性があるため、DFLが機能してない現代人が非常に多い状態になっていると言われています。

筋肉でも筋膜でも共通したことが言えます。

・使いすぎて硬くなる。滑走性が悪くなる。
・使ってなさ過ぎて硬くなる。滑走性が悪くなる。

この2パターンのみです。

多くの方のパターンでは…

・LL → 使い過ぎて硬くなる。滑走不全が起こる。

・DFL → 使ってなさ過ぎて硬くなる。滑走不全が起こる。

このような滑走不全になる原因はLLとDFLで異なっていることが多いですが、それぞれ滑走不全や硬さが出来やすい筋膜ラインです。

DFLが硬くなる。滑走不全が起きた結果どうなる?

DFLに硬さが出来る。滑走不全が生じる。

つまり、インナーマッスルが機能しないということです。

DFLが機能しなければ、LLやSFL、SBLなどのアウターマッスルや身体の側面に過剰に依存した動作パターンや姿勢制御となってしまします。

この人間の主要な筋膜ラインの1つであるDFLですが、見ていくポイントや簡易的な評価方法もお伝えします。

このDFLの中核部分は大腰筋です。大腰筋に滑走不全が生じると他のDFL上にある筋肉が硬くなってしまいます。この大腰筋の柔軟性や機能を評価することがDFLの評価にも繋がるので一度見て頂ければと思います。

もちろん筋膜ライン全体全て大切ですが、特にどのラインも中核部分です。

家で例えるのであれば、大黒柱の部分。
LLであれば大殿筋。DFLであれば大腰筋です。

DFLが原因になっていた症例の一例をご紹介

まとめ

  1. DFLの筋膜の繋がりを知る
  2. 身体の前面の深層の筋膜ライン
  3. DFLは現代人は使えていないケースが多い
  4. 主要な筋膜ラインの1つ

今回はDFLの筋膜の繋がりや特徴を説明させて頂きました。

アナトミートレインの視点で評価するのも大切なので実践してみてください。

腸腰筋について知り尽くした方はこちら

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2017 All Rights Reserved.