〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

症状と関連痛から考えるトリガーポイントの影響!!〜背部・腰部・殿部の痛み〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

トリガーポイントは、言い換えれば筋硬結です。

 

この筋硬結が原因で、筋力低下・疼痛・可動域制限・浮腫・吐き気・目まい・姿勢異常など多くの機能障害が生じるのがトリガーポイント。

 

そして、臨床では、このトリガーポイントが原因の症状が非常に多いです。

 

今回は、背部・腰部・殿部の症状に対するトリガーポイントの症状と関連痛について解説します。

 

 

トリガーポイントの関連痛とは?

 

トリガーポイントの定義の1つに関連痛があります。

ある特定のトリガーポイントを押さえると、同じパターンの痛みが再現されることが関連痛。

 

そして、関連痛の特徴としては、深部痛であり、動くと激しく痛むことが多いとされています。

 

 

臨床現場で考えるのであれば、足部や股関節などの関節部の痛み。

関節にこわばりや痛みがある場合には、まず疑うのは関連したトリガーポイントの存在です。

 

背部や腰部の痛みであれば…

脊柱のズレや椎間板性の痛み、関節炎などいろいろ仮説はできますが、ほとんどの場合はトリガーポイントによる関連痛の影響がほとんどだと報告されています。

背部・腰部の痛みが、腹部の筋肉、殿部の筋肉、下腿の筋肉など、離れた部位のトリガーポイントが原因となることが多々あります。

患部に必ず原因がああるとは限らないのでトリガーポイントの関連痛の影響も考えることが必要です。

 

トリガーポイントの関連痛を知る必要性

 

では、特定のトリガーポイントを押さえると、

別の部位や決まったパターンの痛みや症状が他の場所に出ることが関連痛。

 

でも、なぜこの関連痛を知っておく必要があるのでしょうか?

そして、この関連痛をセラピストとしてどのように臨床に落とし込めばいいのでしょうか?

 

臨床では、痛みが主訴の患者さんが多いので痛みを例に説明します。

 

例えばですが、

大腿外側面に痛みがある患者さんがいたとします。

大腿外側面の筋肉や関節の動きなどの評価をすると思いますが、トリガーポイントの知識を知っておくことで、幅広い視野で症状の仮説や評価が出来ます。

 

大腿外側面に出ている症状はある別の場所にあるトリガーポイントが原因で、たまたま症状が大腿外側に出ていることを仮説することができます。

 

実際に臨床で痛みがある患者さんを見ても、もちろん関節炎や別の原因がある患者さんもいますが、ほとんどがトリガーポイントや筋・筋膜性の痛みの患者さんがほとんどなのが現状。

 

だから、痛みなどの症状が出ている部位と関わっているトリガーポイントの存在を知っているだけで、治せる患者さんが必ずいるということです。

 

脊柱起立筋の解剖とトリガーポイントができる原因

 

脊柱起立筋は、脊柱の両側にある最長筋・腸肋筋・棘筋の3つで構成されています。

 

 

最長筋 → 上部は肋骨と脊椎の横突起に付着し、下部は仙骨まで付着。

腸肋筋 → 上部は肋骨のみに付着し、下部は仙骨に付着。

棘筋  → 脊柱の棘突起に沿って椎骨のみに付着し脊柱の上部のみに存在。

 

脊柱起立筋の役割として…

安静立位保持筋であり、呼気、咳、くしゃみなどを行う際の補助金として働きます。

そして、カラダの左右のバランスを調整する役割があります。

 

脊柱起立筋にトリガーポイントができる原因…

脊柱起立筋は左右ともに存在しており、左右のバランスを維持する役割があります。

この左右のバランスが崩れた状態で、激しい動作や重たい物を持つなどの動作をした時に脊柱起立筋に負担が掛かってしまい、日常的にそういった動作を繰り返し行うことで、脊柱起立筋にトリガーポイントが形成されてしまいます。

 

脊柱起立筋のトリガーポイントの症状と関連痛

 

脊柱起立筋のトリガーポイントが生じると、

基本的にはトリガーポイントと同側の背部〜臀部にかけて関連痛が生じるという特徴があります。

 

最長筋、腸肋筋、棘筋のトリガーポイントをそれぞれ分けて考えると、

・最長筋・棘筋 → 脊柱の5〜6㎝外側

・腸肋筋    → 脊柱の7〜10㎝外側

 

 

脊柱起立筋にトリガーポイントがあると、上記の赤◯の部分に症状が出るとされています。

同側に症状が出ることが通常ですが、イレギュラーもあるため、反対側の脊柱起立筋のトリガーポイントとの関連性も診て行くことは重要です。

 

脊柱起立筋の3つの筋肉ともに、下部肋骨付近にあるトリガーポイントは臀部にまで関連痛が生じることが特徴とされています。

また、脊柱起立筋のトリガーポイントより下部に症状を生じさせることが特徴!!

 

そして、脊柱起立筋のトリガーポイントからくる痛みは、肋骨の炎症・椎間板性の症状・靭帯損傷などと勘違いされることが多くあるため、トリガーポイントの存在を理解しておくことが重要です。

 

脊柱起立筋のトリガーポイントの症状と関連痛を動画で解説

 

 

腰方形筋の解剖とトリガーポイントができる原因

 

腰方形筋は下部肋骨〜腸骨稜に付着する筋肉です。

そして、腰方形筋は腰椎の側面にも付着しており、体幹屈曲の作用もあります。

 

 

腰方形筋にトリガーポイントができる原因…

腰方形筋も左右の肋骨〜腸骨稜まで付着する筋肉のため、左右のアンバランスにより、どちらか一方が伸ばされた状態、もう片方が短縮した状態が持続的に続くことでトリガーポイントが形成されます。

また、腰方形筋においては、臀筋群の筋活動が低下することで、その代償として、腰方形筋や腰部周囲の筋肉を過剰に使用するため、トリガーポイント形成に繋がるとされています。

 

腰方形筋のトリガーポイントの症状と関連痛

 

腰方形筋のトリガーポイントの症状は、股関節・臀部・仙腸関節の周囲で起きることが特徴です。

また、時によっては、鼠蹊部や大腿前面の症状に対しても腰方形筋が関連しているという報告もあります。

 

そして、腰方形筋にトリガーポイントが生じることで、小臀筋のトリガーポイント形成にも繋がり、坐骨神経痛の症状も重ねて生じることがあります。

 

 

上記の赤◯の部分が腰方形筋の関連痛が生じる部分です。

腰方形筋は、腰部にある筋肉ですが、腰方形筋のトリガーポイントは、腰部に症状を出すことは少なく、臀部の上部や大腿上部外側面に疼痛などの症状が現れることが一般的とされています。

 

付け加えて、腰方形筋は、解剖学的にも肋骨・腰椎・骨盤に付着する筋肉のため、

トリガーポイントが生じることによって、腰椎や骨盤のズレが生じ、脚長差や側湾症があるように見えたりします。

 

腰方形筋のトリガーポイントの症状と関連痛を動画で解説

 

 

大殿筋の解剖とトリガーポイントができる原因

 

大臀筋はカラダで最も筋ボリュームがあり大きい筋肉と言われています。

大臀筋は骨盤の後面に全体的に付着し、最終的には大腿骨後面の臀筋粗面、腸脛靭帯まで付着します。

 

 

 

大臀筋は、基本動作の全てに関わっており、大臀筋がカラダになければ、起立動作や歩行など多くの動作が行えなくなるほどカラダにとっては欠かせない重要な筋肉です。

 

大臀筋にトリガーポイントができる原因…

大臀筋にトリガーポイントが形成される原因として、普段から多用されていることがまず1つ。

大臀筋はカラダに欠かせない筋肉と説明したように、大臀筋がカラダになければ制限される動作が多くあります。

そのため、普段から多用している筋肉のため、トリガーポイントが他の筋肉と比べてもできやすい傾向にあります。

 

そして、大臀筋にトリガーポイントを形成しやすい人の特徴としては、デスクワークなど、座って仕事や作業をする時間が長い人。

椅子などに座り続けるということは、大臀筋を常に圧迫して、血流障害に繋がり、その結果トリガーポイント形成や機能不全に繋がるケースも多いです。

 

そのため、大臀筋は普段からケアすることは重要ということですね。

 

大殿筋のトリガーポイントの症状と関連痛

 

大臀筋のトリガーポイントは症状をあまり遠位まで生じさせないことが特徴です。

痛みなどの症状が生じる部位としては、腰部・殿部外側・尾骨・仙腸関節などに痛みが生じることが多いとされています。

 

そして、大臀筋のトリガーポイントが形成されやすい部位もある程度決まっており、

①停止部付近の坐骨結節と交わるクロスポイント

②腸骨稜に沿った部分(骨盤上部)

③仙腸関節の部分

 

この3箇所に特にトリガーポイントを形成しやすいです。

 

 

大臀筋のトリガーポイントは上記の場所に関連痛が生じやすく、腰部から大臀筋の停止部付近までの間に症状が生じます。

 

大殿筋のトリガーポイントの症状と関連痛を動画で解説

 

中殿筋の解剖とトリガーポイントができる原因

 

中臀筋も大臀筋と同様にカラダに必要不可欠な筋肉と言われています。

中臀筋は腰痛を起こす原因のトップリストに入る筋肉の1つとされています。

 

 

中臀筋にトリガーポイントができる原因…

中臀筋は大臀筋に比べて筋肉のボリュームは小さいですが、歩行の時の骨盤の傾きを制御する働きなど、カラダの体重の2倍の筋力を発揮する重要な筋肉です。

また、体重の増加でも中殿筋に負荷が掛かるというデータも報告されています。

 

そして、腰方形筋のトリガーポイント形成も関連痛が中臀筋付近にも生じるため、間接的に中臀筋のトリガーポイント形成にも繋がるとされています。

 

中殿筋のトリガーポイントの症状と関連痛

 

中臀筋のトリガーポイントの症状としては、腰部から仙腸関節、股関節痛を生じさせるのが特徴。

 

中臀筋は、歩行時の骨盤の動揺を制御しているため、トリガーポイントを形成すると、トレンデンブルグ歩行やデュシャンヌ歩行などの跛行を生じるのも特徴的です。

 

 

中臀筋のトリガーポイント形成は、上記の赤◯の部分に症状が出るのが特徴です。

 

腰部も下部付近に症状が出ることが多く、臀部の痛みに関しても、中央部の関連痛は少なく、仙腸関節周囲・臀部外側に症状が出ることが多いです。

 

中殿筋のトリガーポイントの症状と関連痛を動画で解説

 

小殿筋の解剖とトリガーポイントができる原因

 

小殿筋は寛骨の下半分から大転子部まで付着する筋肉。

小臀筋は、臀筋群の中では最小であり大臀筋・中臀筋の下に位置するのが小臀筋であるが、大臀筋・中臀筋以上にこの小臀筋のトリガーポイントは広範囲に症状を出すことが特徴。

 

 

小臀筋の作用は、中殿筋と同様に骨盤の傾斜を制御する役割がある。

細かく言えば、中臀筋は歩行の立脚中期付近でより働くが、小臀筋に関しては、立脚中期〜後期にかけて働く。

 

小臀筋にトリガーポイントができる原因…

小臀筋にトリガーポイントができる理由も中殿筋と同様であり、歩行など動作で多用される筋肉のため、筋硬結が生じやすく、筋疲労しやすい特徴がある。

また、小臀筋に関しては、トリガーポイントを形成することで、坐骨神経痛と似たような症状が出ることがあるため、鑑別が難しいこともあります。

 

小殿筋のトリガーポイントの症状と関連痛

 

小臀筋のトリガーポイント形成は、腰部〜大腿外側にかけて痛みを生じさせ、末梢では、足関節〜足趾まで関連痛が生じるケースがあります。

また、腰部や大腿外側の症状は、腰方形筋・中臀筋・梨状筋・TFL・外側広筋・長腓骨筋・ハムストリングスなどの関連痛も関与しているため、原因のトリガーポイントを見つけ出すのも時間が必要とされることが多いです。

 

 

小臀筋のトリガーポイントは、上記の赤◯のように殿部〜下肢外側にかけて生じることが多いとされています。

 

この小臀筋のトリガーポイントが、他の臀筋群より広範囲に症状が出る理由として、

坐骨神経の影響と脊髄神経の圧迫の影響と考えられています。

坐骨神経痛というのは、診断名ではなく症状のため、小臀筋や梨状筋などの坐骨神経周囲を走行する筋肉の筋硬結により、坐骨神経を圧迫し、末梢に痛みなどの症状が起きるといわれています。

 

小殿筋のトリガーポイントの症状と関連痛を動画で解説

 

 

まとめ

 

  1. 関連痛から特定のトリガーポイントを評価・治療する
  2. 脊柱起立筋のトリガーポイントと関連痛
  3. 腰方形筋のトリガーポイントと関連痛
  4. 大臀筋のトリガーポイントと関連痛
  5. 中臀筋のトリガーポイントと関連痛
  6. 小臀筋のトリガーポイントと関連痛

 

臨床では、トリガーポイントが原因の痛みが多く存在しています。

関連痛は、離れた部位にも生じることは多々あるため、痛みが生じている部位だけでなく、疼痛が生じている部位と関係している筋肉も評価していく必要があるので是非参考にしてみて下さい。

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2017 All Rights Reserved.