〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

一般人が絶対知らない。医学的に証明されている1日でも早く風邪を治す方法。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

 

誰もが経験する風邪を引くこと。

予防していても風邪を引いてしまうことは誰にでもあることです。

 

ですが、風邪を引いた時にどのような方法で風邪を治していますか?

 

多くの現代人は間違った風邪の治し方をしている方ばかりです。

 

 

今回は、医学的にも証明されている風邪の治し方をカラダの機能や構造の面の解説も踏まえてお伝えします。

 

 

現代人がする風邪を引いた時の対応

 

「風邪を引いてカラダが弱っているから、しっかり栄養を付けるために、しんどくてもちゃんとご飯だけは食べなさい。」

これは、僕が子供の時から親に言われ続けてきた言葉です。

 

もしかしたら、皆さんも風邪を引いたら栄養を付ける為に、無理してご飯を食べたりされている方もいるんではないでしょうか?

 

この、風邪を引いたらご飯を食べる。カラダが弱っていたら栄養を付ける。

 

これは、間違いです。

こんなことをしていたら風邪の治りが遅くなってしまいます。

 

本当にすべき風邪を引いた時の対応

 

1日でも早く風邪を治したいですよね?

それなら、「食事をしっかり取る」ことはやめて下さい。

 

食事を取らない。食べないことが風邪を1日でも早く治すためには重要です。

 

じゃあなぜしっかり食べることはダメなのか?

 

それを説明していきます。

 

風邪を引いた時に食べたらダメな理由

 

風邪を引いた時に食事をしっかり取ったらダメな理由は、内臓の働きに隠されています。

内臓といっても特に腸の働きですね。

 

 

内臓は肝臓、腎臓、肺、膵臓、胆のう、胃、腸などいろんな臓器があります。

 

そして、内臓の役割としては、免疫・消化・吸収・排泄・循環などカラダの機能を維持していくため。人間が生きていくためには欠かせない役割を担ってくれています。

この免疫・消化・吸収・排泄・循環の働きの中で風邪を治すために重要になってくるのは免疫の働きです。

 

風邪になったら免疫力を上げるのが大事なのは、一般の方でも何となく分かるのではないでしょうか?

 

免疫力を上げたいわけなんですが…

内臓の働きの特徴として、多くの機能や働きがありますが、同時に全部の機能を働かせることができないという欠点があるんです。

 

つまり、

  • 消化をしている時は消化だけ。
  • 吸収をしている時は吸収だけ。
  • 免疫が働く時は免疫だけ。

 

内臓の機能は同時に多くの機能を働かせることは不可能であり、1つの機能しか働かせることが出来ないんです。

 

免疫力を上げるには??

 

風邪になれば免疫が弱くなってる。

だから、免疫力を上げる必要がある。

 

内臓の機能をお伝えしたように…

免疫を働かせたければ、免疫だけを働かせる。他の機能を働かせないこと。が大事。

 

そこで考えて欲しいのが、ご飯を食べるととカラダの中ではどうなるか?
ごはんを食べると食べたものを消化しますよね。
つまり、消化に内臓が働いてしまうと免疫が必然的に機能しなくなってしまいます。

 

だから、お腹の中を空にすることが大事です。

 

免疫が働く状況を作る。他の機能を働かせない状況を作る。

 

 

結局はこれだけです。

 

免疫の7割は腸管免疫が関わる

 

人のカラダを守る免疫の機能。

 

その7割が腸管免疫なのをご存知ですか?

 

ご飯をバカ食いした次の日。お酒をたくさん飲んだ次の日。

風邪を引いた経験がある方もいるのではないでしょうか?

ご飯を食べ過ぎる。お酒を飲み過ぎる。これにより腸の免疫力が落ちて風邪を引いてしまったりしてしまいます。

 

腸管免疫を働かして上げると風邪が早く治る。

 

やることは簡単です。

  1. お腹を温める
  2. 白湯を飲む(水分を取る)
  3. 食べない

 

この3つを実践すれば、腸管免疫を働かせることができ、風邪を引かないカラダ。1日でも風邪を早く治すことができます。

 

風邪を1日でも早く治す方法

 

  1. お腹の中を空にする(食事を最小限にする)
  2. 腸管免疫が働く状態を作る
  3. しっかり水分補給をする
  4. しっかり睡眠を取る
  5. 普段から軽い運動の習慣を付ける

 

この4つを徹底すれば、間違いなく風邪の治りが早くなりますし、風邪を引きにくいカラダになります。

 

動画での解説はこちらから↓↓

 

 

まとめ

 

  1. 腸管免疫を働かせる
  2. 食事は最小限にする
  3. しっかり水分補給をする
  4. しっかり睡眠を取る
  5. 普段から運動の習慣を付ける
  6. 本当の風邪の治し方を知る

 

今回お伝えした内容は医学的に証明されていることなので、皆さんも予防をする時。風邪を引いた時にこの知識を活かして頂ければと思います。

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2018 All Rights Reserved.