〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

医療現場で働いていて感じる身体が良くなる人・悪くなる人のたった1つの違い。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

 

今日は身体を良くする本質的な考え方について。

 

理学療法士として、臨床の現場で働いていると色んな患者さんと関わります。

 

その中で感じていることをお伝えしようと思います。

 

 

身体が痛い・凝った時の対処法

 

  1. 痛い・凝った場所をマッサージ
  2. 痛い・凝った場所をストレッチ
  3. 人に揉んでもらう
  4. マッサージ機にあたる

 

今まで聞いてきた中でも、ほとんどの人が痛い・凝った感じがあると、その部分マッサージをするという選択が多いように思います。

 

 

しかし、例えば肩こりの方など、「肩が凝っているから揉んでほしい」と言われることがよくありますが、その場だけの気持ち良さを求めるなら肩揉みもしていいかと思いますが、長期的な視点で見た時には、

 

 

肩こりなど凝ってる部分にしても、痛みがある部分にしても…

 

マッサージをしただけではほとんど良くならないです。

 

痛み・凝りにならない人の特徴

 

  1. スポーツジムに通っている
  2. 運動習慣がある
  3. 身体を動かすのが好き
  4. じっとしている時間が少ない
  5. 時間ごとに姿勢を変えている
  6. しっかりご飯も食べる
  7. しっかり夜は寝る

 

 

こんな感じですかね。

 

 

運動をしていたら痛みや凝りが起こらないかといったら、やり方が間違っていれば生じることはありますが、少なからず多くの患者さんを診てきた中で、

 

 

普段から運動習慣がある人は、、

  1. 重症化しにくい
  2. 良くなりやすい

 

この2点は感じているところです。

 

 

逆に痛みや凝りがあるという方の特徴は上記の逆ですね。

 

 

動画で解説してます

 

 

施術依頼について

 

愛媛松山市で、痛み・スポーツ障害・姿勢・動き改善のコンディショニングスタジオをしています↓↓

 

施術依頼はこちらからお願いします。

 

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2019 All Rights Reserved.