〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

学校では教えてくれない。セラピストが知らない腸腰筋の秘密!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

 

腸腰筋が何となく人間のカラダの構造上大事なのは分かっている。

でも、腸腰筋についての知識…

 

  • 腸腰筋の機能は股関節屈曲。
  • 歩行の時の下肢の振り出しで大事。
  • MMTの検査肢位は座位で行う。

 

正直、学生のうちの腸腰筋に関する知識はこの程度だと思います!!

 

でも、実際に臨床に出たら、腸腰筋の機能はもっと複雑であり、知っておかなければ評価・治療にならないことも数多く存在しているのが事実です。

 

今回は学校では教えてくれない腸腰筋の機能解剖や臨床現場で実際に僕が使っている腸腰筋の治療アプローチを一部お伝えしようと思います。

 

学校では教えてくれない腸腰筋の機能

 

 

  • 大腰筋は脊柱の安定性。
  • 腸骨筋は股関節屈曲。

 

これが主な作用です!!

 

そして、腸腰筋は内・外転、回旋の作用があります。

  • 内転、内旋位に下肢があれば、内旋の機能。
  • 外転、外旋位に下肢があれば、外旋の機能。

 

これが腸腰筋の特徴的な部分です。

腸腰筋の作用として、股関節屈曲・外旋と書いている書籍が多いですが、それは解剖学的肢位での作用となるため、関節角度によって作用が全く異なったものになるということを知っておく必要があります!!

 

セラピストが知らない腸腰筋と歩行の関係性

 

腸腰筋が歩行の立脚後期で働くのは有名な話ですが…

 

まずそもそもですが、

臨床では腸腰筋を大腰筋と腸骨筋に分けて考える必要があります!!

 

腸腰筋は立脚後期に働くのは事実ですが、

  • 立脚後期に働くのは腸骨筋。
  • 立脚後期〜踵接地の時期に働くのが大腰筋。

 

 

そして、大腰筋と腸骨筋の解剖学ですが…

 

大腰筋は、TH12から小転子部まで付着しており、脊柱から起始しています。

それに対して、腸骨筋は、腸骨内面から小転子まで付着しています。

 

 

両方とも股関節屈曲の作用がありますが、

  • 腸骨筋 →  股関節屈曲
  • 大腰筋 → 脊柱の安定性

 

この機能が腸骨筋、大腰筋の主な機能です。

それぞれ主としている役割が違っているということです!!

 

腸腰筋と腰神経叢と血管系の関係性

 

 

腸腰筋の後方から腰仙骨神経叢が始まります。

腰仙骨神経叢は大腿前面・後面関係なく遠位にかけて神経が走行しています。

 

つまり、腸腰筋に硬さがあることで、腰仙骨神経叢を圧迫して下肢の部位は関係なく神経症状を起こす事にも繋がるという事です。

 

そして、血管系で考えた場合でも、股関節周囲の血管は腸骨内面から起きています。

つまり、腸骨内面の腸骨筋などの組織に硬さや機能障害があると遠位にかけて循環障害にも繋がるという事です!!

 

だから、腸腰筋は動作の面だけでなく、神経系や血管の走行の機能解剖学的な要素から考えてもとても重要な筋肉と言えます。

 

腸腰筋を思いっきり緩める方法(治療技術)

 

腸腰筋は、一般人でも90%以上の人に筋硬結が生じていると言われています。

腸腰筋に筋硬結がある事で腸腰筋の本来の機能を発揮することができず、動作制限や機能障害にも繋がる事になります。

 

今回は、腸腰筋を思いっきり緩める方法をお伝えします。

 

臨床で腸腰筋を触らないセラピストの多さに驚きですが、絶対に腸腰筋は触れないと治療になりません。

 

 

触診から腸腰筋を効率よく緩める方法までお伝えします。

 

腸骨筋の触診方法
↓↓

 

大腰筋の触診方法
↓↓

 

腸腰筋を思いっきり緩める方法(治療技術)
↓↓

 

まとめ

 

  1. 腸腰筋と歩行の関係性
  2. 腸腰筋と血管系、神経系の関係性
  3. 腸腰筋の触診方法と思いっきり緩める方法

 

学校では教えてくれない腸腰筋について解説させて頂きました。

実際に学校で教わる内容だけで全て臨床をやっていけることは不可能なので深く知っていくことが大切です。

 

腸腰筋についてもっと知りたい方はこちら

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2017 All Rights Reserved.