〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

野球選手のためのストレッチ・トレーニング集

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

 

学生で真剣に野球をしている選手から多くのメッセージが届きます。

 

全てのメッセージに対応しきれない時期もありましたが、

今は1つ1つ自分が知っている範囲でアドバイスをさせて頂いてます。

 

今回は、野球選手のトレーニング集ということで、人それぞれやるべきトレーニングは違いますが、野球選手に必要になる基本的な動きから考えたトレーニングをいくつか載せたので参考にしてみて取り入れて頂ければと思います。

 

野球選手からのメッセージ

 

こんな感じで投球動作やバッティングの動画を送ってもらい動作分析を行い、その動きから仮説できる動きが出ない部分や行った方が良いだろうと思うトレーニングを紹介しています。

 

野球選手が必要なスキルについて

  1. 背骨が柔らかいこと
  2. 軸脚でしっかり安定して立てること
  3. 軸脚ジャンプで決まった場所に着地できること
  4. 胸郭が動くこと
  5. 股関節が柔らかいこと
  6. 背筋群の筋力があること
  7. 股関節周囲筋の筋力があること
  8. 肩甲骨が動くこと(立甲ができる)

 

基本的なことですが、この辺がバッティングでも投球動作でも大切になってきます。

 

バッティングにしても投球動作にしても、軸脚でまずしっかり立てることが重要になり、何回ジャンプしても同じ場所に着地できるということなど地味ですが超重要です。

 

そして、特に身体の部位を挙げるとすると…

  1. 肩甲骨
  2. 胸郭
  3. 股関節
  4. 足関節

 

この上記の4ヶ所はしっかりどの方向にも動ける柔軟性が必要です。

 

野球選手にオススメのトレーニング・ストレッチ集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画は動きにくい動きを出すための柔軟性エクササイズや投球動作に近いトレーニングなどもあるので参考にして取り入れてみて下さい。

 

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2019 All Rights Reserved.