〜理学療法士が伝えるカラダメディア〜

施術・ピラティス予約はこちら(PHYSIO松山)

関節可動域訓練をしたら、筋力増強訓練をしたら基本動作能力が上がる?基本動作獲得に繋がらない訓練は全て無意味!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

関節可動域訓練をしておけば、

筋力訓練をしておけば、

感覚機能訓練をしておけば、

何となくリハビリしておけば、

そんなこと考えていませんか?

理学療法はそんな単純なものではないと思いますし、常に臨床では考えて頭をフルに使って臨床をしていくことが大切だと思っています。

今回は機能訓練をしても基本動作に繋がらなければ全く意味がないことをお伝えします。

理学療法士の定義

学生の時に勉強した理学療法士の定義。

「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」

これが、理学療法士・作業療法士法の定義です。

定義にもあるように、理学療法士は基本動作能力の回復を図ることが目的です。
運動療法や物理療法など色んな手段がありますが、どんな手段を使用しても最終的な目標だったり目的は基本動作能力を回復させることです。

僕の学生時代の実習で教わったこと

学生の時に実習などでレポートとか書いた経験も皆さんもあると思います。

その時に、機能障害とか能力低下だとか、社会的不利だったり、ICIDHやICFを用いて考えていったと思います。

僕は、学生の時にバイザーの先生に、

「機能障害をアプローチしていけば能力低下も良くなっていくんだよ。」

と教わりました。

学生の時は、それで納得していました部分が大きかったです。
しかし、実際に臨床で患者さんを見ている現在、学生の時に言われた内容と当てはまらないことが多々ありますしむしろ、当てはまらないケースの方が多いのが正直なところです。

機能障害と基本動作の関係性

機能障害とは、

筋力・関節可動域・疼痛・筋持久力・心肺機能・感覚・認知などのことです。

普通であれば、機能障害が改善すれば、基本動作能力が向上すると思われがちです。
でも、実際はこれは間違いです。

確かに、機能障害が改善すれば基本動作能力が向上することもあります。
理学療法士は筋力低下とか筋緊張亢進とかいうワード使うの好きですよね。笑

その結果、ひたすら筋力トレーニングをさせられる患者。

確かに筋力も大切ですが、それより間違いなく重要なことは、

基本動作訓練だったり身体の使い方のトレーニング

だと自分は考えています。

機能障害が改善するのとそれが動作で使えるかは全く別物

いくら筋力トレーニングをベッド上でやってもそれが基本動作に繋がらなければ筋力訓練をする意味が全くありません。そして、筋力をつけたからといってそれが動作で使えるようになるかはまた別の話です。

そして、機能訓練をするときも獲得したい基本動作や動作のフェーズなど細かく分けて考えて機能訓練をしていく必要があるように感じます。

動画で解説しています
↓↓

何のために?を考えて機能障害にアプローチ

何のためにROM訓練をする?

何のために筋力訓練をする?

何のために感覚機能訓練をする?

結局何のために?
を考えてアプローチすることが大事です。

機能障害へのアプローチも基本動作だったり、スポーツ選手であればスポーツ場面での動きだったりを改善するためにしているものだと思います。

例えば、
スポーツ復帰する人の大殿筋のトレーニングと歩行獲得するための大殿筋トレーニング。

同じ大殿筋に対してアプローチをする上でも、そもそも目標としている方向性が異なるので、方法や運動の頻度や強度ももちろん変わってくると思いますし、同じ部位へのアプローチでも何を獲得したいかによって全然内容が変わってくると思います。

だから、何のための訓練か?何のためのトレーニングか?
ということを考えてアプローチしていくことが大事なんです。

動画での解説はこちらから
↓↓

最終的に必要なのはカラダの使い方の学習

最終的に必要なのはカラダの使い方です。

現代人も自分の身体の機能をうまく動作で使えていないと言われています。

機能があっても動作で使えない。
つまり、宝の持ち腐れですね…

これが、現代人を含めた現状です。
セラピストとして患者さんに介入する時には機能訓練へのアプローチを動作訓練や身体の使い方は全く別物として考えてアプローチしていきましょう。

野球選手を例に挙げて、機能と動作を結びつけて解説

野球選手を例に挙げて、機能障害と動作について解説します。

何か例に挙げた方が分かりやすいと思うので。

イチローと清原を例に挙げて説明しようと思います。
野球に詳しい方であれば分かると思いますが、知らない方でもイチローぐらいは知っているでしょう。

皆さんはイチローと清原の身体を見てどちらが、身体が大きくて野球が上手そうに見えますか?

おそらくですが、
イチローより清原の方が身体が大きくて打ってもボールが飛びそうだしと思うと思います。

ですが、実際にプロの世界で成績を残しているのはイチローの方です。
現在でもメジャーリーグで活躍していますしね。

じゃあ何でイチローが常に活躍出来ているのか?
それは、カラダの使い方や自分のカラダが今どうなっているのかが分かっているからです。

おそらくですが、プロのアスリートの絶好調の時というのは、
自分のカラダを思い通りに動かせています。

つまり、カラダの使い方が分かる。使い方を知っている。
ということ。

野球選手ではないですが、タレントの武井壮さんもテレビで言われていましたが、
ホームランを打とうと思っても毎回打てないのは自分のカラダを思い通りに動かせていないから。
と言われていました。

本当にその通りだと思います。

清原もプロで活躍してきた選手ではありますが、高卒で入団当時の方が成績が良く、肉体改造後は成績が徐々に落ちてきたのを皆さんはご存知でしょうか?

身体は大きくたくましくなるのに対して野球の成績は下がる。
普通に考えたら反対だと思いますが、身体を肉体改造してもその肉体を使いこなせる身体でないとパフォーマンスも落ちてしますのです。

その反面で、ダルビッシュ選手も肉体改造を行いましたが、肉体改造を行うことに合わせた身体の使い方を学習するトレーニングもされていたみたいです。
だから、身体が大きくなっても成績が落ちずパフォーマンスを維持できたりパフォーマンスが向上したりするわけです。

これらは、スポーツ選手だけでなく、一般人にも言えること。
機能改善しただけでは宝の持ち腐れ。動作レベルまで落とし込んで初めて意味がある

動画で解説しています。
↓↓

まとめ

  1. 機能改善と動作獲得はイコールにはならない
  2. 理学療法士の定義からも最終的には基本動作能力の獲得
  3. 何のためのトレーニングか常に考える
  4. 野球選手を例に解説

まとめると、

・機能障害へのアプローチも動作を見据えて行う。


・カラダの使い方を学習する。

これが大事です。

腸腰筋を知り尽くしたい方はこちらから

The following two tabs change content below.
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
この記事を書いている人 - WRITER -
愛媛松山市の理学療法士。病院に行かない文化を作り、健康に関するリテラシーを高めることをコンセプトに、痛み・スポーツ障害・姿勢改善・動作改善のコンディショニングを行なっています。一般向け・セラピスト向けに日常生活や臨床に役立つ身体に関する健康情報などを配信しています。詳しくはプロフィールまで…
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 愛媛リハビリ道場 , 2017 All Rights Reserved.